【プロトタイプ版】加藤治郎さん、あなたは文章が読めない

相変わらず、消極的な話題で本当に申し訳ありません……。 加藤治郎さんによる、「中島裕介に問う(2)」等一連のブログ記事について、後日詳述する予定ですが、分量が相当長くなる見込みであり、作成に時間がかかります。 note.mu 記事に先立って「はじめに…

まぼろしとなった、「詩客」時評連載第2回の骨子

「複数の重要な論点」ってなんですか? 事前に相談する必然性は皆無です 「対等」ってなんですか? 私の結社論に対する理解がおかしいです 「せーんせーに言ってやろ!」って……(絶句) 「なんでもかんでも両論併記」は無駄無駄無駄ァ!! 特別寄稿では、書…

加藤治郎さん、あなたは贋物じゃありませんか?

連続ツイートとして用意していたのですが、長くなったので、ブログに記載します。相変わらず面白くならない話で申し訳ありません。これに「tanka」のタグをつけるのは情けなさすぎるので、私の個人日記的なタグのみをつけています。【2019/8/7朝追記】本記事…

海外のオンライン詩誌「Nadwah」に10首選(日本語・英語・アラビア語)

海外のオンライン詩誌「Nadwah」で拙作10首選を英語とアラビア語でご紹介いただいております。友人には「英語のほうが意味が分かりやすい……!」と評判です。ご覧いただければ幸いです。https://www.arabicnadwah.com/e-nadwah/06-19/Nadwah-June2019.pdf

「短歌研究」5月号、「短歌往来」5月号、「びーぐる」第43号

4月半ば~20日ごろに以下の3本の評論等が掲載されております。もしよろしければご笑覧ください。 「短歌研究」5月号に時評「星座を編むように」(元号とニューウェーブについて) 「短歌往来」5月号に評論「『解釈』に求められる(べき)一貫性」(吉川宏志…

「短歌研究」4月号時評

すでに発売されている、「短歌研究」4月号に時評「ニューウェーブと『ミューズ』」を掲載していただいております。 www.tankakenkyu.co.jp(こちら↑は最新号が表示されるURL。たぶん、次のURLはhttp://www.tankakenkyu.co.jp/tankakenkyu/2019/201904.html。…

「短歌研究」2015年9月号に掲載していただいた短いエッセイ「ゆらぐ」を公開しました

「短歌研究」2015年9月号掲載の短いエッセイを公開しました。 「歌に使うことばは時間とともに少し揺らぐくらいがいい。(中略)揺らぐことばを幾度も結んでは解き、結びなおすのが、作ることの楽しみだ。」

「短歌研究」3月号の時評など

「短歌研究」2019年3月号に時評「生きづらさ、と、生きる」を掲載していただいております。 また、杉中昌樹さんによるフリーペーパーに浅田弘幸先生のマンガ『テガミバチ』に着想を得た「テガミバチのreminiscence」10首を掲載していただきました。こちらは…

12月22日午後@新宿 「短歌結社の再定義」 を読み論じる会を開催します。

yukashima.hatenablog.comを肴に、短歌結社について論じ合う会を開催します。参加を希望される方は以下のフォームからご応募ください。実は残り3席ほどです。読み込んでいます...

11月25日の第27回文学フリマ東京への参加情報

11月25日の第27回文学フリマ東京で、中島は以下の雑誌に参加しています。当日はお昼くらいまで、ふわの会のブースにおります。H-10・ふわの会「ふわ vol.1」30首連作、「フワクタンカ78」(既刊) H-19・「扉のない鍵 vol.2」20首連作 H-20・北冬舎「北冬 vo…

『Starving Stargazer』から10年

本日2018年11月17日で『Starving Stargazer』(ながらみ書房)が刊行されて10年が経過したことになる。 明るい日差しの差し込むビルで初版部数を決めた。ある人の第一歌集の初版部数と同じ600部にしたい、と伝えたら「それは……(そこまで売れないと思うから…

東北大学学際連続セミナー「ことばのデザイン ――意識してことばを紡ぐ」 終了後の情報共有

(「続きを読む」に、ブックリストを入れています。) 1日目 2018年10月19日(金) 2日目 2018年10月26日(金)

現代短歌評論賞応募作「短歌結社の再定義 ――解釈共同体としての短歌結社」が落選しましたので、公開します。

yukashima.hatenablog.com

先日書いた記事を、Archive的な位置へ動かしました。

(記事の日付表示を変えましたが、URLそのものは変わっていません) 片上雅仁氏「中島祐介の表現形式」(「遊子」2004年2月号)にこたえる http://yukashima.hatenablog.com/entry/2018/05/25/003819「短歌人」2018年4月号斎藤寛氏時評「AIを使って作る短…

第26回文学フリマ東京に参加します

1978年生まれの歌人16名によるアンソロジー「フワクタンカ78」(200円)を頒布します。*1 その他、実用可能なジョークグッズとして「短歌で飯を食う箸」「文学で飯を食う箸」「短歌で身を立てるエッグスタンド」「文学で身を立てるエッグスタンド」を頒布。 …

「フワクタンカ78」(仮)の刊行予定と参加者公募について

1978年生まれの歌人によるアンソロジー「フワクタンカ78」(仮題)を5月の文学フリマ東京で頒布予定。そのため1978年生まれの歌人の方のご参加を広く募ります。参加をご検討くださる方には詳細をお送りしますのでDM(FF外可)でご連絡ください。— 中島裕介 (…

「(角川)短歌年鑑 平成30年版」における座談会「AIは短歌を詠むか」で使用した資料について

「(角川)短歌年鑑 平成30年版」座談会において、当日配布された資料から一部の加除を行ったものを公開する。短歌年鑑 平成30年版 (カドカワムック)出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2017/12/07メディア: ムックこの商品を含むブログを見る 1.「人工知能…

はてなブログに試験的に移管してみた

はてダの新規開設受付終了とか、はてなカウンターのサービス終了とか、色々あるようなので。 あくまで試験的なもので、場合によってはまったく別の仕方を考えるかもしれません。広告出るし(以前は少額払って広告が出ないようにしていた)。

一度、はてなブログへ移行してみます(本文なし)

号外「近況報告」→「人間関数―トルタオーディオブック」

ブログ(はてダ)というメディアをすっかり失念してしまっておりました。今週9日(日)にBuoy[ブイ]/北千住アートセンターで開催されるプレオープニングイベント「人間関数―トルタオーディオブック」にゲストとして出演させていただきます。作・演出はトータ…

季刊「近況報告」

生業でバタバタしています。 「短歌往来」4月号 特集「風さそう春のうた」に「新宿御苑、逢着」10首+エッセイを掲載していただいております。 「うた新聞」4月号に「嘘つきとして生きてきた」5首を掲載していただいております。 「短歌」(KADOKAWA)4月号に…

大阪短歌チョップ2 ワークショップ「新しい短歌、あなたもつくるんです ――短歌ゴコロに火をつける」スライド

【公開用】新しい短歌、あなたもつくるんです(大阪短歌チョップ2 ws)

ワークショップ「新しい短歌、あなたもつくるんです――短歌ゴコロに火をつける」にむけて

(1)2月25日(土)の大阪短歌チョップ2で、16時半から1時間半、ワークショップ「新しい短歌、あなたもつくるんです――短歌ゴコロに火をつける」を開催しますが、実は席数にまだ結構余裕があります。【参加申込と事前課題提出の締切は別】なので、気軽に参加…

季刊「近況報告」

12月の投稿で 2017年については…… 「短歌往来」2月号に、何らかの書評が掲載される予定です。 2月に行われる何らかのイベントでなんらかをやる予定です。 夏までに、第3歌集と、短歌とクリエイティビティに関する一般書の同時刊行を目指します。 もしかする…

季刊「近況報告」

また、掲載情報などのお知らせ、です。 2016年11月23日に開催された第23回文学フリマ東京で「Wintermarkt」が販売されていました。前回記事でお知らせした連作「Stage Strategy あるいはBrexitのホムンクルス」が掲載されています。 「歌壇」2016年12月号に7…

国際詩歌祭ってできないかなあ 歌集と一般書は、来春刊行を目標にがんばります。 短歌に役立つ哲学、言語学、美学、文学批評なんかの勉強会ができないかなあ なんてことを思っていますが、致命的に時間と体力と気力が足りません。どうしましょう。

年刊「近況報告」

気を抜くと、ブログを持っていたことすら忘れてしまいます。Twitterがあれば十分、って気分になってしまうんでしょう。もう、よほどのことがなければ年1回くらいでいいよね……。 前回の、近況報告が2015年10月(その後、阪大でのWS情報の更新はあったものの)…

大阪大学でのワークショップ「最強のリベラルアーツとしての短歌 〜クリティカルシンキング編 ことばをデザインする〜」情報共有

→2014年冬の「最強のリベラルアーツとしての短歌」はこちら。2015年11月27日・12月4日に実施する標記ワークショップのスライドや参考資料等を情報共有するためのページです。2016年2月中4月中旬をめどに更新いたします。 ↓ 3月26日午後、スライドを公開しま…

「最強のリベラルアーツとしての短歌 〜クリティカルシンキング編 ことばをデザインする〜」

昨年に引き続いて、11月27日・12月4日(いずれも金)の2回、17時から20時まで大阪大学豊中キャンパスにて開催される「最強のリベラルアーツとしての短歌 〜クリティカルシンキング編 ことばをデザインする〜」ですが、まだ空席があるようです。 http://www.o…

再び、ですが、告知だけ。

昨年実施させていただきました大阪大学でのクリエイティブ・ワークショップ「最強のリベラルアーツとしての短歌」。今年も実施させていただけることとなりました!2015年11月27日・12月4日(いずれも金)各17:00〜20:00です。今回のテーマは「ことばをデザイ…