【本編】加藤治郎さん、あなたは文章が読めない(10)2019年5月:詩客時評前後の、加藤による脅迫(背景の時系列の確認)

ここで、2019年5月4日に、詩客に玲・濱松・中島の短歌時評が掲載されるまでと、その少し後までの流れを確認しておきます。ここでは、大変残念ながら、加藤が玲に対して行った脅迫について扱うことになります。

  • 玲による時系列の整理
    • 2019年2月上~中旬:詩客の短歌時評の担当が玲に委任され、玲は「ミューズ」発現問題を扱う方向で検討
    • 2019年2月下旬:詩客の複数人が、当事者である加藤に企画内容を漏洩
    • 2019年3月3日:森川の忖度と、「事前に詫びを入れろ」
    • 2019年3月12日~26日:加藤が企画に口を出して迷走
    • 2019年3月26~末日まで:加藤、「擁護論を入れろ」とゴネる
    • <2019年4月上旬:玲が加藤に擁護論者の情報を求めたか?>
    • 2019年4月上旬:詩客の一部関係者が加藤に記事内容を漏洩
    • 2019年4月25日~5月2日:加藤、「#Twitterの難しさ」を通じて玲・中島に逆ギレ、中島も怒る
    • 2019年4月26日~28日:加藤による、玲への脅迫(1)「擁護論を入れろ」
    • 2019年4月28日~30日:加藤による、玲への脅迫(2)「結社の長に言いつけてやる」
    • 2019年4月30日~5月4日、玲は不本意な「擁護論」を書かされます
    • (2019年5月4日、詩客サイトでの時評公開)
    • 2019年5月6日、詩客は短歌担当者会議を開催
    • 2019年5月9日、玲は詩客編集委員を辞任
    • 2019年5月16日、玲は法律相談へ
    • さて、ここで説明した事態の、何が「連絡の齟齬」なのでしょうか?
  • 以上、加藤の「Twitterの難しさ」、時評と森川記事、加藤による脅迫が、
続きを読む

【本編】加藤治郎さん、あなたは文章が読めない(9)2019年5月:時系列の確認、詩客時評への反応、詩客時評前後の圧力

今回は加藤の5月のツイートについて。450と少なめです。前回の記事の一環で、5月のいくつかの発言も取り上げていましたので、主にそれ以外――詩客時評公開後の話題を扱うことになります。5月の記事は

  1. (表面化している)時系列の確認、詩客時評への反応、詩客時評前後の圧力
  2. 詩客時評前後の、加藤による脅迫(背景の時系列の確認)
  3. 「短歌研究」6月号掲載の、加藤治郎ニューウェーブの中心と周縁」批判

あたりに分けておこうと思います。3つ目は、ニューウェーブという考え方に関わるため、飛ばすかもしれません。

  • 5月4日、詩客時評公開
    • 玲はる名「言葉を読むことと、心を読むことのむずかしさ」
    • 濱松哲朗「氷山の一角、だからこそ。」
    • 中島裕介「権威主義的な詩客」
  • 詩客時評前後の圧力
    • 森川雅美「『企画短歌時評alpha』を始める前に(はじめにぜひお読みください)」
    • 詩客時評掲載にいたるまでの、濱松・中島の指摘
    • 森川は問題を理解できていない
  • 5月20日、「短歌研究」6月号に加藤治郎ニューウェーブの中心と周縁」掲載
続きを読む

【本編】加藤治郎さん、あなたは文章が読めない(8)中間まとめ

加藤の発言を、「ミューズ」発言のあった2月17日から4月まで振り返りました。
本シリーズ記事についてTwitterでいくつかのご意見をいただきましたので、このシリーズ記事を通じて目指すもの・扱うものを改めて整理し、表明しておきたいと思います。

  • 目指すもの、扱うもの
  • 留意点(ジェンダー的不公正関連)
  • 留意点(ジェンダー的不公正関連以外)
  • ここまでの流れ
続きを読む

【本編】加藤治郎さん、あなたは文章が読めない(7)2019年4月

今回は加藤治郎が4月に行った835ツイートとその批判について(一部、中島の5月のツイートを含みます)。加藤からの反省表明があったにも関わらず、加藤が権威主義的な振る舞い、権力の暴力的行使を継続したことに対し、中島は強く批判する意志を固めていきます。

  • (暗示)
  • (3月から4月にかけて、加藤は選歌欄の方々が刊行した歌集の広報に努めています)
  • ハッシュタグ「#Twitterの難しさ」 ――中島からの批判
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15~18
  • 中島の「短歌研究」時評の「諸問題」など(番外)
  • これだけ理不尽な発言があり、私がその問題点を指摘しても、加藤は応答しないし
  • (次回予告)詩客時評をめぐる、加藤の圧力・脅迫へ
続きを読む

【本編】加藤治郎さん、あなたは文章が読めない(6)2019年3月

今回は加藤の3月のツイートについて。なお、Twilogによると、加藤は2月17~28日の間には390ツイート(RT含む)、3月には663ツイートしていたようです。

  • シンポジウム「わたしたちのニューウェーブ
  • 3週間経ってもこれか……
  • 「現代短歌」と「短歌研究」2019年4月号の発売
    • なお、「現代短歌におけるニューウェーブ」という概念そのものの検証は……
続きを読む

【本編】加藤治郎さん、あなたは文章が読めない(5)2019年2月20~28日

ちょっとペースアップしないと今年中に終わらなさそうですので、いくつかの話題を措いて話を進めていきます。今回は加藤の2月20~28日のツイートについて。

  • 正当性/正統性を欠いたニューウェーブの定義?要素?
  • 「愕然とする 犯罪でしょう!」
続きを読む

【本編】加藤治郎さん、あなたは文章が読めない(4)2019年2月19日

前回(3)から気を取り直して、加藤の言動について批判を進めていきます。今回は加藤の2月19日のツイートについて。

  • 加藤の反動化が本格化
  • 加藤は「ニューウェーブに女性歌人はいないのかという問いは多義的です」だなんて、まったく思っていない ――睦月都やユキノ進とのやり取り
    • ニューウェーブに女性歌人はいないのか」に至るまで
    • 睦月都とのやり取り
    • ほぼ無関係な論文への話題のすり替え ――ユキノ進とのやり取り
    • 氏家論文に言及するタイミングが明らかにおかしい
    • 補遺 ――荻原裕幸の反省*3
  • 「権力」概念の浅知恵 ――物部鳥奈とのやり取り
  • 感情への話題のすり替え ――中牧正太らとのやり取り
  • もっと進められるかと思ったら、まだ2月19日……
続きを読む